事務局からのお知らせ詳細ページです。RSSで事務局からのお知らせを配信しております。
 

事務局からのお知らせ RSS feed

2011.10.04

会津IT秋フォーラム2011 震災とIT産業トラックについて

「会津IT秋フォーラム2011」分科Ⅰ 震災とIT産業トラックの講演内容が決定いたしました。
ぜひ、会場に足をお運びください。
会場は会津大学講義棟1階M9講義室となります。
なお、分科会は、お席に限りがあるため、先着順となっております。

こちらからお申し込みください。
参加申込書(PDF)

分科会Ⅰ 株式会社富士通総研 代表取締役会長 伊東 千秋 氏
【テ ー マ】 大震災後の日本再生
【発表要約】 東日本大震災は、エネルギーやサプライチェーン等々でも東北・福島が大きな役割を占めていることを再認識させました。また、長期的な電力不足という新たな制約を日本にもたらしました。サプライチェーンへの懸念も企業の海外立地を促し、産業の空洞化につながる心配があります。更に、不正確・不十分な情報による風評被害の問題もあります。これまで、様々な社会的な課題が先送りされ続けてきました。今こそ、日本再生に向けて、私たちの勇気と実行が求められています。それには、人びとの知恵を集めて様々なイノベーションを興さなければなりません。
一方、ICTの世界ではクラウドが大きく進展しつつあり、社会的課題の解決、イノベーションのためのツールとして期待されています。
新しい日本に向けて、私たちは何をしたらよいのかを皆さんとご一緒に考えたいと思います。

分科会Ⅱ 日本オラクル株式会社 製品事業統括 製品戦略統括本部 戦略製品ソリューション本部:Principal Sales Consultant 下道 高志 氏
【テ ー マ】 番号制度の展開と地域復興のシナリオ
【発表要約】 公募により「マイナンバー」と名称が決まった「社会保障と税の番号」。かつて「国民ID」と呼ばれた「番号」を利用する制度によって、国民に、そ して地域にどんな恩恵があるのか。個人のプライバシーを守るためにはどうしたらいいのか。またそれを実現するための情報システムはどうなるのか。 地域復興にはどうかかかわってくるのか。官民様々に論じられ予定されている番号制度とITの全体像をご紹介します。

分科会Ⅲ アクセンチュア株式会社 福島イノベーションセンター長 中村 彰二朗 氏
【テ ー マ】 ITによる日本復興方法論
【発表要約】 日本は戦後復興後も東京一極集中モデルを効率化の観点から追求し続けてきました。
その為、交通網、送電網、通信網全てのインフラ網は東京を起点としてスター状に全国につながるようにデザインされています。
このたびの震災で東京から東北に伸びる全ての基幹インフラ網は切断され、復旧復興を遅らせる要因となりました。
本講演では、日本の新たなデザインを目指し、あるべき社会インフラの考え方を示します。

投稿者: UBICサイト投稿者(UBIC)|パーマリンク: http://www.ubic-u-aizu.jp/it-forum/topics/1153.html

 
 
 
 

 

<会津IT秋フォーラム2017協賛企業>