知的財産

               

見る位置に応じた3次元画像が見える自由視点テレビ

岡 隆一 理事長

新技術の概要

 3台のビデオカメラを用い、各フレーム毎に3枚の画像から3次元画像を作成するアルゴリズムに関する特許である。その3次元画像は偏光メガネ等を使う必要がなく、かつ、ユーザが任意の位置から見た3次元画像を作成出来る。

従来技術・競合技術との比較

 従来の3次元画像はある位置(視点)から見た映像を3次元表示する。見る人はその視点を変える事が出来ない。本技術では見る人はその視点を任意に変える事が出来、視点に応じた3次元画像を見る事が出来る。

新技術の特徴

・2つの画像間の全ピクセルについて最適対応がとれる。

・広い入力画像から任意外形の参照画像に類似する領域を自動的に切り出すことができる。

・類似の画像間ではなく全く類似していない画像間でも適用可能である。

想定される用途

・空撮ビデオのみから3次元地形形状を自動生成

・動画像からの移動物体の自動追跡

・CT画像から病変部分の抽出

詳細についてはこちらをどうぞ。