知的財産

               

クラウドに適したワンタイムパスワードの認証システム

林 隆史 客員教授

新技術の概要

 物理乱数発生器と電波時計などを組合わせることで、安定かつ安全にワンタイムパスワードを生成する装置とその運用方法。この技術をクラウドコンピューティングに応用することで、安全な認証サービスの実現が期待できる。

従来技術・競合技術との比較

 従来の乱数発生を用いたものに比べて、安全かつ運用コストが低くなる。乱数と正確な時刻の組合わせにより、タイムスタンプ生成にも利用できる。

新技術の特徴

・物理乱数発生装置の利用により、安定動作と高い安全性が実現できる

・電波時計の内蔵により、正確な時刻が利用でき、ワンタイムパスワード発生だけではなく、ログやデータ管理にも利用できる

・ワンタイムパスワードを安全に生成し、セキュアな運用を支援することにより、クラウドをより安全に利用できるようになる

想定される用途

・認証・認可・課金サービス

・セキュアなモバイルクラウド利用

・クラウドにおけるメッセージング・ログ生成

詳細についてはこちらをどうぞ。